お客さま本位の業務運営宣言(FD宣言)
有限会社アクセス保険(代表取締役 岡本和秀 以下「当社」)は、FD(フィデューシャリー・デューティー)宣言を
策定し実践することをここに公表いたします。

  • 1.基本理念

      【経営理念】

    保険代理店として仕事を通じて、お客様満足、安心、信頼、サービスを常に考え求め続け、お客さま、社員、それに関わる人を幸せにし、その幸せの輪を広げ、社会貢献に繋げていきます。 

     【お客さま本位の業務運営】

    お客様本位の業務運営(フィデューシャリー・デューティー)を実現するため、当社はお客様の保険に対するニーズを的確にとらえ、適切な情報提供とわかりやすい説明を行い、お客様の意向に沿った保険商品を提案します。また、お客様本位の良質なサービスを提供し、お客様にご満足いただけるよう、社員は高度な専門性と倫理観を持ち、お客様に対して誠実に業務を行います。

    <取り組み>

    ◆当社の理念については、ホームページや会社案内に掲載している他、週1回のミーティングなどを通して理念について浸透を図っています。

    ◆適切な保険募集を行うために、コンプライアンスの徹底、商品知識の習熟、周辺知識の習得まで含め社内勉強会や資格取得を行っています。

    ◆「お客さまの声」を大切にし、声を集め分析し、頂いた情報は社内共有してそれを活かしより高品質なサービスへと繋げていくよう心掛けています。

  • 2.保険代理店としての目的

      【事業目的】

    当社は、専業保険代理店として、もしもの時の対応だけではなく、もしもの時とはどういうものか、もしもの時に何を備えておくべきかを保険を通じお客さまと共に考え理解していただき、リスクを減らすべき保険提案、販売をすることで社会貢献できるよう取り組んでいます。

     【取扱保険会社】

    損害保険として、損害保険ジャパン、生命保険としてSOMPOひまわり生命、第一生命を取扱っています。数多くの比較販売により浅い知識より、比較対象を絞り深い商品知識により自信をもっておすすめできるということを目指すため取扱う保険会社を制限しています。

    <取り組み>

    ◆当社専用ヒアリングシートにより、お客さまのリスクコンサルティングをするとともに、お客さまの希望を汲み取り最適な保険提案に繋げています。

    ◆保険会社の研修及び自社研修により高いレベルでの知識習得につとめ、担当というだけでなく当社全員でお客さまをお守りするという意識を常に自覚するようミーティングも行っています。

  • 3.利益相反の管理

    当社は保険代理店として、保険商品の販売・推奨等を行う対価として、当該商品を提供する保険会社から代理店手数料等を受領します。販売・推奨等にあたっては、お客様の利益が不当に害されることがないよう、またお客様の不利益につながる販売手法を防ぐために、「保険募集方針」を定めて適切なルールと管理体制を構築します。

    <取り組み>

    ◆キャンペーンなどによりニーズを無視した販売はしません。お客さまに何が本当に必要なのかを常に考え行動します。

    ◆手数料ポイントに繋がるからとお客さま本位とはかけ離れていると思うことはしません。

    ◆手数料重視ではなく、お客さま本位で選択された保険なのかを社内会議でも検討し、お客様本位の業務に取り組んでいます。

  • 4.わかりやすい情報提供

    取扱う商品、サービスについて、お客さまにわかりやすく説明するために、丁寧でお客さまが納得できる対応をいたします。

    <取り組み>

    ◆パンフレットを利用し説明します。

    ◆問い合わせには曜日、時間を問わないことをサービスとしています。

    ◆わかりやすい説明をするため当社勉強会でスキルアップに努めています。

    ◆資格取得などで周辺知識も含め役立つ情報提供ができることを心がけます。

    ◆高齢者や不自由のあるお客さまに対して、募集に関するルールを定め、適切な対応を実施しています。


      

  • 5.お客さまの意向に沿った商品・サービスの提供

    お客様のご契約の目的や年齢、資産等の状況を正しく把握し、適合性を十分に確認したうえで、お客様に合った商品をその理由もあわせて提案します。お申し込みに際しては、告知の重要性を含む重要事項・注意喚起情報についてお客様に十分説明し、ご理解いただいたうえで手続きを行います。

    <取り組み>

    ◆正しい意向についてヒアリングシートを活用します。

    ◆代理店として高いコンサルティング能力を持ち、社員全員でその能力を高め補っています。

    ◆重要事項・注意喚起情報について、ロールプレイングなどを実施し十分な説明ができるようにしています。

  • 6.従業員に対しての取り組み

    当社は、従業員がお客さまへ最善な業務ができるよう、研修やミーティングを通して意識を高めるとともに、保険料のみの利益追従だけではなく、お客さま本位の業務内容にて報酬、業績評価ができる体系を目指しています。

    <取り組み>

    ◆研修は商品研修のみでなく、理念、コンプライアンスなど様々な分野で行っています。

    ◆お客さま対応履歴、自己チェックシートなどにより、従業員の管理、指導を行っています。




  • 2.保険代理店としての目的

      【事業目的】

    当社は、専業保険代理店として、もしもの時の対応だけではなく、もしもの時とはどういうものか、もしもの時に何を備えておくべきかを保険を通じお客さまと共に考え理解していただき、リスクを減らすべき保険提案、販売をすることで社会貢献できるよう取り組んでいます。

     【取扱保険会社】

    損害保険として、損害保険ジャパン、生命保険としてSOMPOひまわり生命、第一生命を取扱っています。数多くの比較販売により浅い知識より、比較対象を絞り深い商品知識により自信をもっておすすめできるということを目指すため取扱う保険会社を制限しています。

    <取り組み>

    ◆当社専用ヒアリングシートにより、お客さまのリスクコンサルティングをするとともに、お客さまの希望を汲み取り最適な保険提案に繋げています。

    ◆保険会社の研修及び自社研修により高いレベルでの知識習得につとめ、担当というだけでなく当社全員でお客さまをお守りするという意識を常に自覚するようミーティングも行っています。

お客さま本位の業務運営方針の浸透と定着を測る指標(KPI)として

有限会社アクセス保険は、「お客さま本位の業務運営方針」の指標(KPI)として以下の通り設定し、公表します。(2019年12月現在)

①多種目販売状況       お客さまに総合的に頼られる代理店の指標として
       【個人】単種目:85.5%  多種目:14.5%
       【法人】単種目:76.8%  多種目:23.2%

②自動車保険継続率     お客さまが大事な保険をお任せできる代理店の指標として
     継続率  94.9%              
自動車保険において昨今の高齢化問題などで免許返納も多く、車の運転自体をやめられるお客さまの多い年でもあった。全国平均は93.8であり、それよりは高い継続率である。

③生命保険継続率   お客さまが損保のみでなく生保も相談できる代理店として
     継続率  90.8%
まだまだ契約数の少ない中で早期解約などがあり数字的には満足できないものであった。
今後益々精進していきたい。